定期健診・メタボ検診の必要性

中性脂肪値が高い、コレステロール値が高い、と聞くと ダイエット、肥満などと共に メタボリックシンドローム等も 思い浮かぶでしょうか。

予防と対策

メタボリックシンドロームとは
メタボ、代謝症候群 などとも 呼ばれていまして、内臓脂肪型肥満に 高血圧、高血糖、脂質異常症のうち 2つ以上が 合併した状態の事を 『メタボリックシンドローム』と 指示します。

3つの症状のうち 中性脂肪が 深く関係しているのは 脂質異常症です。中性脂肪値が高い状態のことを『高脂血症』と言われていましたが 血液中の脂質が 不足している場合も 脂質の異常ですので 近年 高い値も 少なすぎる場合も 総じて『脂質異常症』と 改名されたようです。

メタボリックシンドロームの診断基準

国際糖尿病連合(IDF)基準(2005年)

  • 腹 囲男性 :90cm 以上 / 女性 : 80cm以上の人が必須条件
  • 血圧高値最高血圧 130mmHg以上 / 最低血圧 85mmHg以上
  • 血清脂質異常トリグリセリド(tg)値 : 150mg/dL 以上
  • HDLコレステロール値HDLc男性 : 40mg/dL未満 / 女性 : 50mg/dL未満
  • 高血糖空腹時 血糖値 100mg/dL

中性脂肪、血圧、HDLc、血糖の 4つのうち2つの値 が基準を超える場合が メタボと診断する、と規定しています。

日本肥満学会(JASSO)基準(2005年)

  • 腹 囲男性 :85cm 以上 / 女性 : 90cm 以上の人が必須条件
  • 血圧高値最高血圧 130mmHg以上 / 最低血圧 85mmHg以上
  • 血清脂質異常トリグリセリド(tg)値 : 150mg/dL 以上
  • HDLコレステロール値HDLc:40mg/dL未満
  • 高血糖空腹時 血糖値 110mg/dL

中性脂肪、血圧、血糖の 3つの値のうち2つ以上が 基準を超える場合が メタボと診断する、と規定しています。

このメタボリックシンドロームの診断基準は、日本独自の 診断基準に関する議論も 色々と 起こっているようで、また アメリカ合衆国と 日本とでは異なっています。

メタボリックシンドロームを心配されている方は 診断基準を より詳しく調べる必要も出てくるかもしれません。

定期健診で 早期発見を

定期健診で 早期発見を

中性脂肪の増加に伴う 脂質異常症をはじめとする 生活習慣病の多くは 自覚症状が ほとんどありません。 病気にかかる率は 40歳を越えたころから急激に増えます。

ですので 中高年世代に突入したら 必ず 定期健診、健康診断を受けるようにしましょう。職場で実施される健康診断では 一定の年齢になると 成人病の検査項目メニューが加えられます。

2008年4月から メタボ検診も義務化されました。

会社で 健康診断を受ける機会のない 自営業や 専業主婦の場合は 近所の内科などでも 検診してくれますので 自ら 健康診断を受けるようにしましょう。 各 地域の施設で 日程など組まれていますので 受けるようにしましょう。

定期健診での注意点

  • 信用のおける医療機関、施設で 毎年 同じところで受けるようにするのが望ましい。過去の検査結果の数値と 比較が出来る。 自分の 血液中の脂質の数値と 中性脂肪の基準値を知っておくと 異常の発見が早い。
  • 血液検査を受ける際には 12時間以上 絶食するのが 望ましい。 血液中の中性脂肪の数値を正確にはかることができない為です。
  • 検査直前の食生活や体調が 測定値に影響する場合があります。
  • 異常値が出た場合は 必ず再検査を受けましょう。
  • 検査結果に異常がない場合は ホッと 一安心です。(油断は大敵ですが。)

もう少し 詳しく 診てもらいたい

民間の医療機関が実施している 人間ドッグには 半日コース~数日間にわたる コースもあり 費用もさまざまですが 細かい所まで調べてくれる検査でもあります。 普通の血液検査では見つからなかった 腫瘍なども エコー検査などで発見される事も 多々あります。

オプションとして 癌ドッグや脳ドッグ、婦人科のドッグなど 多岐にわたり実施されていますので 身体に変調をきたしたり 違和感があったりしたら 人間ドッグを受けてみる事もオススメします。

次回のメタボ検診までに 血中中性脂肪の数値TGを
基準値範囲に収めたいのですが 何とかなりませんか?

説明案内女子imag 適度な運動と食生活の改善 DHA・EPA補助食品で補う 青魚の成分DHA・EPAが効く? ナットウキナーゼサプリ