中性脂肪の基準値を はるかに上回った 数値の増えすぎた中性脂肪は、私たちの体に 一体 どのような オソロシイ事を招きいれてくるのでしょうか???

中性脂肪と生活習慣病

中性脂肪(TG)が基準値より高くなると

中性脂肪が多過ぎるのも 生活習慣病のひとつという事がわかっていますので 一度 真剣に 考えてみましょう。

中性脂肪は皮下脂肪となり 皮下脂肪が 増えれば増えるほど 肥満に近づいてくると言えます。

見た目も ぷっくりしてきますが、肉眼で表からは見えない 体の中は 一体 どうなっているのでしょうか?

interval
内臓に溜まって 沈着した中性脂肪は 臓器障害の原因となっていきます。
具体的には 動脈硬化、脂質異常症、肥満症、糖尿病などの原因となり 放置しておくと 大きな病気を引き起こすリスクを 常に抱えているという事になります。

中性脂肪は必要な脂質だが

中性脂肪は

  • 体温を一定に保つ
  • 内臓を外部の衝撃から守る働き
  • 体を動かすエネルギー

などなど…として 働きますので 体にとっては必要な脂肪なのです。

中性脂肪の数値が 少々高くなった位では、体にすぐに悪影響が出るという訳ではないのですが、その状態が続き 増えすぎていくと、体に良くない事は 明らかです。

中性脂肪が増えすぎたら起こると思われる病気と その状態

脂質異常症
血液中の脂質値が 必要量より異常に多い状態の事で、血中脂質の 高い状態の継続は、狭心症、心筋梗塞など 心臓病の原因となってきます。
動脈硬化
動脈壁の 限局的な肥厚増殖が起き、そこに脂質、カルシウム塩が沈着してしまい、血管壁の 弾性線維を破壊し 血管の 弾力性が失われた状態を言います。
糖尿病
ブドウ糖が 血液中に増え過ぎ、糖が 尿の中に溢れてきた状態を言います。
高血糖の持続が急性、または 慢性の合併症を発症させ 日常的な生活に 様々な 障害をきたしてしまいます。
肥満症
脂肪組織の 過剰蓄積の状態を言います。
さらに 体格指数 IBM 25を超えて来ると 合併症の発症頻度も 高くなって来ます。
脂肪肝
肝機能の低下。肝臓が解毒作用、代謝を行えなくなります。
高血圧症
血液中の中性脂肪、コレステロールの 過剰蓄積から 血液が流れにくくなる事から おこります。
interval

また 中性脂肪値が 高い場合は 医師の診断を受けるという事も 考えた方が良いです。

体に害のある物は 増えすぎる前に 食生活の改善と 適度な運動で 対処できれば 健康の為にも または 中性脂肪値を下げたい場合も やはり それが一番いい事です。

これ以上 中性脂肪値(TG)が増えて 大きな病気になったら困ります。次回の健康診断までに 数値を下げる方法はありませんか?

interval

DHA・EPA補助食品で補う02体内で作られないDHA&EPA
健康診断の数値が気になる方はDHA&EPA


interval