薬物療法を受ける場合とは?

血中中性脂肪値(tg=トリグリセリド)を減らし 脂質異常症にならない為には 生活改善(特に食事や運動)を する事が 肝心な事ですが、生活改善を 3ヶ月~半年間 真面目に続けていても 効果が見られない場合には 薬物療法をします。

生活習慣・病気

医師の判断により 指示に従い 飲み薬を服用して治療をしていきます。 ただし 何の努力もなしに 薬を飲んで ラクに 脂肪を減らす為の物ではなく あくまでも 生活改善が基本です。

薬を飲むと言う事は リスクがつきまといます。

他の薬との飲み合わせもありますし 副作用が伴う場合もありますので 医師の指示に従い正しく治療をしていきましょう。

動脈硬化の防止が目的

  • 糖尿病、高血圧などの 動脈硬化の危険因子を持っている・・・・脂質異常症が軽くても 薬物で治療をします。
  • 家族性脂質異常症(遺伝など)・・・・脂質異常症になりやすい人は 早い時期から 薬物療法を開始する場合もあります。

薬物療法の薬は 長期間服用する必要があります。

薬物療法の目的とは 動脈硬化を防止する事です。
動脈硬化の危険因子を持っているのか、、を検討します。

動脈硬化の防止が 目的の薬物療法の薬は 長期間服用する必要があります。 その間、勿論、食事や運動などの生活改善も同時に行っていかねばなりません。 これは 経験した人にしかわからない事かもしれませんが 薬を飲み続ける生活というのは 辛いものがあります。

薬は病気を治してくれるものではありません。
ましてや 薬を飲むだけで 脂肪が減らせて ダイエットが出来るなど そんな安易な物ではありません。 薬はあくまでも 病気を治し 健康になる為の補助たるものです。

本人の自覚と 病気を治す という前向きな姿勢、薬の治療効果を把握する事で より良い 目的意識を持った治療が出来るようになります。

しかし 生活改善により 症状か軽くなり 薬物療法を行う必要がなくなる場合もあります。
逆に 薬物療法で 脂質異常症が改善されても 食事療法や 運動療法を止めてしまうと 高血圧や 糖尿病が 悪化する可能性があります。