肥満体質・遺伝との関係

高中性脂肪血症、高コレステロール血症(家族性 高脂血症)に なり易い人がいます。
このような方は 若年のうちから 正しい対応が必要となります。

基準値 数値

一例を挙げますと 食卓では 好きなモノばかりを 好んで食べ過ぎてしまう 「大皿料理」を止める! 等 特に食事メニュー、摂り方には 気をつけ 食生活習慣を改善し、肥満の防止をしなければまりません。

肥満体質の方は 生活習慣だけでは 治りにくい側面も持っており、このような場合は 薬による治療が必要となります。

早い年齢から定期健診を受け、中性脂肪の基準値や 標準の体重、肥満度を基に 自分自身の健康推移を毎年、見ていく事が重要となります。

肥満体質の改善

肥満度 = 現在の体重 - 標準体重 ÷ 標準体重 × 100
標準体重 = 身長の2乗 × 22

  • 肥満度 ・・・・・ +10~20%
  • 食事制限 女性 ・・・・・ 1600 Kcalスタート⇒1400 Kcal/1日 へ
  • 食事制限 男性 ・・・・・ 1800 Kcalスタート⇒1600 Kcal/1日 へ
  • 肥満度 ・・・・・ +20~30%
  • 食事制限 女性 ・・・・・ 1400 Kcalスタート⇒1200 Kcal/1日 へ
  • 食事制限 男性 ・・・・・ 600 Kcalスタート⇒1400 Kcal/1日 へ
  • 肥満度 ・・・・・ +30%以上
  • 食事制限 女性 ・・・・・ 1200 Kcalスタート⇒1000 Kcal/1日 へ
  • 食事制限 男性 ・・・・・ 1400 Kcalスタート⇒1200 Kcal/1日 へ

スタート時の 一日の摂取カロリーで 1週間以上 食事制限を続けます。 効果が現れない場合や 止まってしまったという場合は 運動を加え 消費カロリーを増やします。

運動を増やしても 減量効果がとまってしまったら、
⇒右数字 Kcal/1日へ摂取カロリーを減らし 食事制限をきつくします。