心配事があったり 不安があったり イライラしたりストレスがたまる心の乱れや 睡眠不足に繋がる。ストレスを溜め込んだ悪影響として 体の物質に影響をおよぼす。

… と いう事実があり、これは 科学的に証明されている事なのだそうです。

中性脂肪 ストレス

色んな病気、疾患の原因として「ストレス」というのは よく 挙げられています。

心配事がある、イライラする、ストレスがたまる、最近よく眠れない…と いうのは 心身ともに とっても悪い事である事は周知の事実ですが コレステロール値や 中性脂肪を 増幅させてしまう働きがあるようです。

ストレスがたまる事は 体にどんな悪影響を及ぼすのか メカニズムを追っていきたいと思います。

中性脂肪とストレス⇒心の乱れとの関係

ストレスを感じると、人の体は緊張し、自律神経が過剰に反応してしまいます。

interval

自律神経のバランスが壊れると アドレナリンや ノルアドレナリンが
分泌されてしまい、血管が収縮し、血圧が上昇し、心拍数も上昇します。

interval

アドレナリンや ノルアドレナリンは 中性脂肪を 分解してくれる働きも持つのですが 一方で、副腎皮質ホルモンという物質も分泌されます。

interval副腎皮質ホルモンの増加により、遊離脂質酸が大量に発生。

遊離脂質酸が 肝臓で 中性脂肪やコレステロールに合成され、中性脂肪値、コレステロール値の上昇に 結果的に繋がります。

※遊離脂質酸とは 血液中の血清中に溶けている脂質の1つです。

睡眠不足は 内臓に脂肪がたまって 太る?

中性脂肪減らす方法 睡眠不足睡眠不足や ストレスは、一見、中性脂肪とは結びつかない事にも思えますが 実は 大きく関係する事でもあるのです。

日常の生活の中で 睡眠不足が続くという事は、遊離脂肪酸が 大量に出現する原因 となってしまいます。

これは 先に 書きましたように 自律神経の働きを崩してしまうからです。

睡眠不足の解消方法として 毎日15分位の仮眠を (昼寝:午後1時~2時くらいの間に)取る事が望ましいです。

昼食の後に 仮眠をとるというのは とても健康的な事で こうすると 午後の活動が活発になり、夜も良く眠れるようになると言われています。

良い睡眠を得る為にも、日常的にも 是非 取り入れたい事ですよね。

睡眠不足は ストレスの大きな原因になります。≪要注意!≫

そうは言っても 毎日 昼寝ができる環境を作るのは 仕事をされているサラリーマンの方や 多くの方が 簡単に出来る事ではありません。

しかし、中性脂肪対策の為には やはり 健康な生活が必要となってくると言えますので 睡眠時間を確保する事は重要です。

少しずつでも良いので 意識し 生活の中に 取り入れていきましょう。

良い睡眠は 結果的には 中性脂肪を減らす事にも 良い効果をあらわします。
睡眠不足解消から ぜひとも 意識して取り組んでいきましょう。

これ以上 脂肪が増えたら 余計にストレスが溜まりそうです。中性脂肪を減らす良い方法はありませんか?