オリーブオイルに多く含まれる オレイン酸という成分は コレステロールの悪玉を下げて 善玉を上げる働きをします。

オレイン酸は 一価の不飽和脂肪酸です。

イタリア料理や 地中海料理に よく使われるオリーブオイルですが 皆さんのお台所でも活躍しているのではないでしょうか?

オーリブオイルに含まれる オレイン酸の効果

中性脂肪にオリーブオイル料理オリーブ・オイル(オリーブ油)は オリーブの果実から 抽出される 植物油です。

黄褐色をした液体で ラードのような匂いをしている といわれています。

オレイン酸の名前は オリーブの油から(Olea europaea)から きています。

オレイン酸とは

  • 菜種油、オリーブオイル、ゴマ油などに多く含まれる成分です。
  • コレステロールの悪玉を下げて 善玉を上げる働きをします。
  • オレイン酸は 皮膚刺激性が少ないとされていまして 化粧品の原料にも 幅広く用いられています。

オレイン酸
参考:Wikipediaより

オリーブオイルの健康への効能

心臓病 予防

地中海沿岸に住む人々は 多くの脂肪を 毎食 摂っているにも関わらず 冠状動脈性疾患など 少ない事がよく知られています。

エクストラ・バージン・オイルに含まれている成分で オレオカンタールという 天然成分がありますが これは イブプロフェンなどの 風邪薬の中に入っている 抗炎症剤に似た 炎症作用を抑える働きがあるといわれています。

地中海沿岸の人々は オリーブオイル を 少量 しかも 長期間 摂取する 地中海料理を食べているので 心臓病の発生の予防をしているのではないかと 想像できるわけなのです。

地中海沿岸は オリーブ油で有名な地域ですよね。

便秘解消

また オレイン酸の 特徴の もうひとつとしまして 便秘解消につながる効果がある。と されています。腸を刺激して 排便を促す効果があるようです。

オレイン酸が 小腸などで 消化吸収されにくい という事で 便が適度に 油分(オリーブオイル)を含むので、便の滑りが良くなる という事も挙げられます。

しかし、体質によっては 下痢を起こす場合もあるようです。

その他 効能

健康法毎朝、朝食として、果汁100%のジュース+オリーブ・オイルを数滴 混ぜたものを飲むという 健康法があります。

ご飯を炊く時に 数滴 オリーブオイルをいれると 見た目に テカテカして美味しそうになり、しかも ふっくらと 炊き上がるようです。

料理やメニューではありませんが その他に 櫛や杖、棋具、棒など 手入れの為に オリーブオイルで 塗布したりもするようです。

オリーブ・オイル 料理の例
  • パスタの ソースなど
  • パンや 野菜に バター代わりに つけて食べる
  • サラダのドレッシングとして 回しかけて食べる。
  • ヨーグルトに 回しかけて食べる。
  • イワシやマグロの魚介類や 果実の油漬けや マリネなどに
  • ペペロンオイル のイタリア版の 辣油(ラーユ)
    唐辛子をオリーブ・オイルに漬け込んで作る。調味料の一種として用られています。

オリーブ・オイルが よく使われている 料理
イタリア料理、フランスのプロヴァンス料理、ギリシャ料理、スペイン料理、バスク料理、トルコ料理、レバノン料理 など 多岐にわたります。

お家で料理をしない 独身男性など このようなレストランなどに行かれて オリーブ・オイルを摂取するという おしゃれな方法もあります。

オーリブオイルと中性脂肪 あとがき

大手のスーパーなどで オリーブオイルを物色していると なかなか楽しいです。

こんなに種類があるのか…というぐらい たくさんあって その地方独特の おしゃれな雰囲気も 楽しめますよね。

ワタクシ事ですが オリーブオイルの匂いとかが あまり馴染まなかった頃、ペペロンオイルというのは よく作っていましたよ。

お店で食べたペペロンチーノのスパゲティが あまりに美味しかったので よく作っていました。
今では オリーブオイルにも慣れたのか 普通に ドレッシングとして サラダなどに 一回りほど かけて食べています。
かぼちゃや お芋など ごろごろと温野菜の入った サラダに合うかなぁ…とか 思います。

炒め物も 今ではほとんど サラダ油を使う事がなくなりました。
オリーブオイルで焼いた 卵焼きは絶品ですので お子様のお弁当にもおすすめです。

しかし 健康に良い と言いましても オリーブオイルも 『油』にはかわりありません。
摂りすぎは よくないです。

先述しましたように 体質に合わない方は お腹を下したりもする場合もあるとの事なので 注意が必要です。