きのこ、海藻、野菜 など

中性脂肪の数値や コレステロールの取り過ぎを気にしすぎて 食事に気を遣い、
あれもダメ、これもダメと 過剰なまでに節制しすぎると
必要な栄養素が 足りなくなってしまうことがあります。

食品のなかには 中性脂肪を多く含むものもあれば、中性脂肪やコレステロールを
下げる働きをもつものもありますから、バランスよく摂ることが大切です。

きのこや野菜や海藻類は 一年を通して いつでもスーパーに並んでいますし 安価ですので
買い物に行ったときは 必ず買うようし、切らさないようにしておくと良いかと思います。

きのこや野菜をメインに食事のメニューや献立を考えるのではなくて、いつものメニューに しめじを加えたり 余った野菜を加えたり・・・と 簡単に考えると 楽ですよ。

中性脂肪を減らすのに 良いと思われる食品

きのこ・食べ物・栄養

きのこ類は 食物繊維が豊富です。
きのこには 血中コレステロール値をさげる働きがあることがわかっていますので 血中コレステロール値が高い人は 薬と思って 積極的に食卓に登場させていただきたいです。

きのこのなかでも しいたけは、血圧降下や ガンを抑制する効果も期待されています。
しかも きのこ類には エネルギーがほとんどありませんから ダイエット中でも 安心して食べることができる 優良食品です。

きのこを使った手軽な当座煮

  • 「当座の間」(2~3日)もてばいい、という意味合いで
  • 汁気を残さないで煮る方法で 普通の煮物と同じか、普通より濃い味付けにしたもの
  • 常備菜として 佃煮のかわりに作りおきしておくと便利です。
野菜

中性脂肪が多い人、血中コレステロール値が高い方にとって、たくさん食べても良い食品である野菜。コレステロールを気にせずに 安心して食べられる 貴重な食品であります。

満腹感を得るためにも 積極的に野菜を食べたいものですが、野菜をたくさん食べようとするあまり、マヨネーズやドレッシング、塩をたくさんかけてしまっては意味がありません。

生野菜のサラダも宜しいかと思いますが
煮た方が 量も食べられ おかずにもなります。
我が家の オススメは 蒸し野菜です。(温野菜ですね)

タジン鍋などで かぼちゃとか お芋とか 豚肉と白菜を交互に重ねながら 味付けをして
一緒に蒸したりしても 大変 美味しくいただけます。
ほうれん草や アスパラなど 蒸した方が 甘みがでて とっても 美味しいですよ。
なんといっても 調理の手間が無いので 簡単です。

海藻は「栄養の宝庫」と言われています。
海藻に含まれる ビタミン類や 食物繊維、また カルシウム、リン、亜鉛、ヨードなどの
ミネラルが たっぷりと含まれていまして 健康にも良いし 美容にも 良いのですよね。
その上 タンパク質や ビタミン類も ほどよく含まれているそうです。

血中コレステロール値の高い人にとって、海藻は、一役買ってくれる力強い味方です。
ぬめりの 多糖類 アルギン酸の作用で コレステロールの 腸内での再吸収を防ぎ、
コレステロールを下げるのに効果的な食品です。
また 高血圧対策での 降圧、塩分や 食品添加物を排泄してくれる作用もあります。

海藻に含まれる“フコイダン”と呼ばれる成分が、 NK細胞=ナチュラルキラー細胞を
活性化させる働きがあり、がん細胞に対しても殺傷能力が高い と言われていまして
大腸がんの発生率を大きく下げるようです。

海藻に含まれるヨウ素は 余分な体脂肪の燃焼をサポートしてくれる働きがあります。
しかも 海藻類は低カロリー。ダイエット食としても よく取り入られていますよね。
じゃんじゃん食べて 体脂肪の燃焼をサポートしてもらいましょう。

そして 海藻には EPA=エイコサペンタエン酸が 多く含まれていまして
血中コレステロールや 血中中性脂肪を減らし、
血が固まってできる血栓を予防してくれる サラサラ効果があります。
EPAは サバやイワシの肝油に含まれる物質として 知られていますが、
その魚たちは 餌としている海藻からEPAを取り入れているのです。