大豆・大豆加工品は効果がある食品

中性脂肪を減らすのに 良いと思われる食品は 何種類かあるのですが 大豆と 大豆の加工品について まとめてみました。

高血圧や 糖尿、、、生活習慣病を疑われる方には 適度な運動をする事と 食事の改善をする事を もれなくセットで言われます。
食事の改善で 取り入れたら良い食材として 一番に上がるのが 納豆など 大豆製品です。栄養満点で 消化吸収もよく 完璧度の高い食材 『畑のお肉』 と 言われる所以でもあります。

更には、女性ホルモンと よく似た働きをする事が 広く知られていまして 更年期の女性の 強い味方でもあり、美容にも大変 良いとされている『お豆様』であります。

大豆 および 大豆加工品は みな様 おなじみの こんなものがあります。

食べ物・栄養
  • 大豆もやし
  • 納豆(浜納豆、糸引き納豆)
  • 豆腐(木綿豆腐、絹ごし豆腐、充てん豆腐)、焼き豆腐、高野豆腐、凍り豆腐
  • おから、がんもどき
  • 油揚げ、厚揚げ
  • 湯葉
  • 豆乳
  • しょうゆ、味噌

納豆は消化吸収がよく、ビタミンB2が多く、食物繊維のほかに 鉄、カルシウムも含み、さまざまな働きをもつ酵素も含みます。

豆腐は消化がよいことから いろいろな形で 食卓に 登場させる事ができますよね。
マーボー豆腐丼や 納豆かけご飯は 子供も 大好きですよね。

大豆は、中性脂肪に悩んでいる人には 大変 効果がある食品でありまして コレステロールを減らし、動脈硬化を防ぐ働きをする 不飽和脂肪酸を 多く含む食品です。また、ビタミンB群や鉄、カルシウム、食物繊維も豊富な、栄養満点の食品なのです。

大豆は 植物性のたんぱく質を多く含み、いろいろな 食事制限を強いられている方にとって 安心して食べて頂ける 王様の食品で ご家族全員に積極的にとって頂きたい食品です。

大豆加工品は どこのスーパーでも手に入れることが出来て 安価ですし 手軽に 食事に取り入れることができて 大変 便利です。
大豆そのままよりも 加工されても栄養的な価値は変わらず、むしろ 消化吸収が良くなりますし、レシチン、カリウム、サポニン、ビタミンEなどを含みます。

  • レシチンは 善玉コレステロールを増やします。
  • カリウムは ナトリウムを排出して血圧の上昇を抑える効果があります。
  • サポニン、ビタミンEは 不飽和脂肪酸の酸化を防ぐ働きがあるのです。

納豆や豆腐の他にも 青魚が良いと聞きましたが そんなに
たくさん 食べれません。中性脂肪対策になりませんか?

説明案内女子imag 一日の摂取目安量 DHA・EPA補助食品をご紹介 でっ腹には DHA・EPA お魚は足りていますか?