リンゴには 中性脂肪の増加を抑える効果がある?!

『りんごは 腹痛(ハライタ)が治るよ!』と 昔の人は言わなかったでしょうか?

私が子供の頃 お腹が痛くなると うちのおばあちゃんは りんごをすってくれて
食べさせてくれた思い出があります。
お腹が痛くなくても お風呂上りなど よく 摩り下ろしてくれたモンです。
甘酸っぱくて 美味しかったですね。
りんごには 整腸作用があるのだという事を 昔の人は知っていたのですね。

そんな 優秀なりんごの 抽出成分を「リンゴポリフェノール」と言います。

食べ物・栄養

リンゴポリフェノールの成分は、血液中の 中性脂肪の増加を抑える効果が あるという事が アサヒビールさんの 臨床試験により確認されています。

脂質を分解する 酵素で『リパーゼ』 と いうのがあるのですが それを活性化するのを リンゴポリフェノールは 抑える働きをしてくれるのです。
吸収されない脂質が 小腸でのリンゴポリフェノールの働きによって 体外に排出されてしまうと言うわけですね。

そう言えば
リンゴダイエットというのが大昔に ありました。 ワタシもやったことがあります。
しかし 満腹感が得られずに ダイエットも すぐに挫折した思い出があります。

健康食として 『林檎・ニンジンジュース』 というのが有名ですが
リンゴは 脂肪を減らすのにも向く食品としても 昔から 研究されていたんですね。

リンゴポリフェノールの効果

アサヒビールさんでの試験

  • 食事をとる前に 600mgのリンゴポリフェノールを摂ると 血液中の中性脂肪値がおよそ20%減少する事が判明
  • りんご 約3個分が 600mgの リンゴポリフェノールです。
  • 臨床試験は 動物ではなく、人間で行われた模様です。

弘前大からの報告

  • プロシア二ジンが、体内への脂肪蓄積を 強く抑える働きがある事がわかりました。糖から脂肪を作る 酵素・リパーゼの働きを 50%以上 抑えたという事が判明。
  • プロシア二ジンとは リンゴポリフェノールの一種です。
  • ラットを使った 動物実験の結果です。

お茶のカテキンと同じくらい、また ウーロン茶ポリフェノールと 同じ位の
脂肪合成の抑制力があると見ているようです。 アサヒビールさんの試験とは 単純に比較はできないですが、これはかなりの実験検証だと思います。

アサヒビールさんでは サプリメントなど 開発を進めているようで
どのようなものが発売されてくるか 楽しみでもあります。

中性脂肪を減らすために 良い成分も次々と発見されているようなので 企業もこぞって
肥満や、脂質異常症予備軍のために 様々な商品開発、研究がされているものかと思います。
中性脂肪を減らすために 効果のある市販品を 上手に取り入れていければいいですね。