『1日30種類の食品をとるように』 と 厚生省は 指導しています。

中性脂肪 栄養

食品を 栄養的な特徴を考えて 6つのグループに分類し 各グループから万遍なく 30品目を選ぶようにし 献立を考えていきましょう…と 言うわけです。

食品に含まれている栄養の分類

現代では 学校教育に育食の授業が設けられており 主に家庭科などで

  • 五大栄養素
  • 三色食品群
  • 六つの基礎食品

食品に含まれる栄養と その働きを知識として知り

『何を』『どれだけ』食べれば 偏りのない食事になるのか 栄養と組み合わせ料理での組み合わせで 理解できるように 食事バランスガイドを学んでいます。
中性脂肪 食事バランスガイド

五大栄養素

  • 炭水化物
  • たんぱく質
  • 無機質(ミネラル)
  • ビタミン
  • 脂質

の 5つの栄養素を表します。

三色食品群

  • 体をつくる
  • エネルギーになる
  • 体の調子を整える

中性脂肪 三色食品群

栄養素の働きを食品を3つのグループに分けた食品群です。

更に 栄養素別に細かく分けたものが 6つの食品群 または 6つの基礎食品となります。

6つの食品群

6つの食品群の中でも 例えば 第1群なら 魚だけで いいのではなく 魚、肉、大豆、卵を それぞれ摂る事が必要となります。

1日に必要な目安量 および その摂取の仕方の例
第1群:魚、肉、卵、大豆、大豆製品
栄養的特徴良質のたんぱく質の供給源となるもので、副次的にとれる栄養素として、脂肪、カルシウム、鉄、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2などがある
働き骨や筋肉を作る働きをもつ食品
食品例魚介類・肉類、大豆・大豆製品、卵
魚、貝、いか、たこ、かに、かまぼこ、ちくわなど
牛肉、豚肉、鳥肉、ハム・ソーセージなど
鶏卵、うずら卵など
だいず、豆腐、納豆、生揚げ、がんもどきなど
摂取目安魚1切れ(60g)+肉1切れ(60g)+豆腐1/2丁(100g)+卵1個(50g)

第2群:牛乳、乳製品、海藻、小魚類
栄養的特徴カルシウムの供給源として重要。また、良質たんぱく質、ビタミンB2などの供給源としての役割も大きい
働き骨や歯を丈夫にする働きをもつ食品
食品例乳製品:牛乳、スキムミルク、チーズ、ヨーグルトなど
海草・小魚類:めざし、わかさぎ、しらす干し、わかめ、こんぶ、のりなど
摂取目安牛乳1本(200ml)+わかめ 1g+しらす干し1g

第3群:緑黄色野菜
栄養的特徴ビタミンA(カロチン)の供給源として重要。また、ビタミンC、カルシウム、鉄、ビタミンB2の供給源ともなる。
働き皮膚や粘膜を保護する働きをもつ食品
食品例緑黄色野菜:ニンジン、ホウレン草、ピーマン、小松菜、かぼちゃなど
摂取目安ニンジン中1/4本(50g)+ホウレン草1株(50g)

第4群:淡色野菜、果物
栄養的特徴ビタミンCの供給源として重要である。そのほかカルシウム、ビタミンB2、ビタミンB1の供給源としての役割も大きい。
働き身体の機能を調節する働きをもつ食品
食品例淡色野菜:キャベツ、白菜、キュウリ、大根など
果物:みかん、林檎、梨、苺など
摂取目安キャベツ1枚(50g)+キュウリ1本(100g)+リンゴ1/2個(200g)

第5群:穀類、イモ類、砂糖
栄養的特徴糖質性エネルギー源となる。いも類は、糖質のほかに、ビタミンB1、ビタミンCなども比較的多く含まれる。
働き糖質性のエネルギー源になる食品
食品例米類、パン類、めん類、イモ類、砂糖、パン類など
摂取目安ご飯1杯(120g)+食パン6枚切り1枚(60g)+うどん1玉(170g)+ジャガイモ中1/2個(60g)+砂糖大さじ2強(20g)

第6群:油脂類、脂肪の多い食品
栄養的特徴脂肪性エネルギー源となる。また、必須脂肪酸の供給源ともなる。必須脂肪酸は重要な働きをしますが、体内ではつくれません。
働き脂肪性のエネルギー源になる食品
食品例油脂類:バター、植物油、てんぷら油、サラダ油、ラード、バター、マーガリンなど。マヨネーズ、ドレッシングなどを含む
摂取目安植物油大さじ1強(15g)+バター小さじ2と1/2(10g)

30品目の数え方

  • 同じ食品は 1日に何回食べても 1品目として数えます。
  • 外食や調理済み食品を食べた時には わかる範囲で素材の食品数を数えます。
  • わからない場合は 全体として1品目として数えます。
  • 砂糖、味噌、マヨネーズは 栄養供給源となりますので 数えます。
  • 調味料、香辛料は 原則として数えません。

6つの食品群と三色食品群との関係

中性脂肪 6つの食品群と三色食品群

食事バランスガイド 1日2200calの例

中性脂肪 食事バランスガイド

食事バランスガイドでの料理グループ

中性脂肪 食事バランスガイドでの料理

※いも類は 炭水化物を多く含みますが 主食としてより おかずとして食べられる事が多い。その為、副菜項目に 位置づけられています。

参照:農林水産省 実践育食ナビ

食事の献立を考えるのが難しい…中性脂肪対策の為に 特に必要な栄養を毎日 摂りたいのですが…

interval

DHA・EPA補助食品で補う02体内で作られないDHA&EPA
健康診断の数値が気になる方はDHA&EPA


中性脂肪には DHA・EPA サプリの比較 TOP3はこちら

サンプル

リフレのDHA&EPA≪機能性表示食品≫

一日の DHA&EPA摂取目安量の 約98%が摂れるDHA&EPA 高配合機能性表示食品。つい うっかりや 新しいことが覚えられない…記憶のサポートと血中中性脂肪の低下に役立つ リフレの『DHA&EPA』… 続きを見る

サンプル

ニッスイの イマークS

中性脂肪といえば ニッスイのイマーク!日本初の『EPA(エイコサペンタエン酸)』特定保健用食品 パイオニア的存在です通販でしか買えない限定商品で 今なお 人気の商品でお試し品も充実しています。… 続きを見る

中性脂肪対策 ランキング