低脂血症、低HDLコレステロール血症

血中中性脂肪 tg が 高くなると HDL値(善玉コレステロール) が 低くなると言う 反比例したような 結果になる場合が よくあります。中性脂肪値 tg が 高くなるにつれて LDL値(悪玉コレステロール) が増え、増えて欲しいはずの 善玉HDLが減り、同時進行で 低HDL血症を 起こしているケースは 多いのです。

基準値 数値

低脂血症、低HDLコレステロール血症 という病名は あまり聞かないかもしれません。
中性脂肪も コレステロールも 生命活動の維持や健康生活のために一定の量が必要です。

低脂血症は 遺伝性も少なくありませんが 肝臓疾患や 甲状腺の疾患などの 異常事態が隠されている場合があります。また、極端な偏食や 栄養不足など 生活習慣上の問題が 原因である場合があります。

総コレステロール値が 基準範囲以内の数値であれば 心配する必要は無い と考える人が居ますが、それは間違いです。 善玉コレステロールが低すぎる場合、総Lコレステロール値が 基準範囲以内ならば 悪玉コレステロール値の占める割合が 正常だとは限らないことになります。

HDL(善玉)コレステロール値が低いと言うことは 血管中の余分な 脂肪や コレステロールを回収する能力が弱っているということを意味します。 結果的には 高コレステロール化しやすい為、「低HDLコレステロール血症」として治療の対象となります。

善玉(HDL)コレステロールを増やすには?

  • 食事でとる 摂取エネルギー(Kcal)の調節
  • 糖質(甘み)を控える。
  • 脂質(動物性脂肪)を控える。
  • 野菜類を充分にとる。
  • 食物繊維を充分にとる。
  • たんぱく質を上手にとる
  • 適度な運動はHDL(善玉コレステロール)を増やすのに効果があります。
  • 適度なアルコールもHDLを増やすのに効果がありますが、飲みすぎは逆効果です
  • 禁煙をしましょう。