毎晩 仕事帰りに 居酒屋に寄って たらふく飲んで食って 帰りはやっぱりラーメンだなよ…

中性脂肪 飲みすぎ対策というのが 日課の方はいませんか?

中性脂肪対策として 過度の飲酒はよくありません。

健康の為にも よくありませんよね。

飲みすぎは ほどほどにしておきたいものです。

誰だって わかっている事なんですけどね。
なかなか 健康なうちは まだ 大丈夫…と なってくるわけですよね。

中性脂肪とアルコール

中性脂肪とは 肝臓で作られ 体を動かす 大切なエネルギーになります。
しかし 中性脂肪の過剰な貯め込みは 様々な病気を引き起こします。

生活習慣病と言われるそれらの病気は 無症状で進行する事が知られている為、会社の健康診断など 血液検査の結果で 初めてオドロク事になってしまいます。

日頃の 生活習慣の改善を 余儀なくされてしまいます。

30代の男性が 1日の活動に必要な エネルギーは 2200kcalくらい、
女性は 1800kcalくらいと言われています。

中性脂肪とアルコール自分の適正なカロリーを知って 食事の改善をする事が 中性脂肪を減らす為の 第一の方法となります。

体内で中性脂肪となるのは、油脂類、脂肪を多く含む食品というイメージが強いですが 実際には 糖分やアルコールも 中性脂肪に変化する事がわかっています。

ノンカロリー食品と言われるもの以外の 全てのエネルギー源を含む食品が 中性脂肪に変わる… というわけです。

その中でも アルコールは 小腸などから アルコールのまま吸収され 肝臓で分解 最終的には 水と 二酸化炭素となり 排出されます。

アルコール自体が 中性脂肪に変わるわけではないのですが 分解の際に 脂肪の合成を進める酵素が発生してしまいます。

その為、肝臓での中性脂肪の合成が進み 肝臓内の脂肪細胞の中に貯えられてしまいます。

中性脂肪に変わるのは 必要エネルギー以上に 摂取してしまったエネルギーで アルコールが中性脂肪を増加させるのはもちろん 油分、糖分も過剰な摂取によって中性脂肪増加の原因となります。

お酒を飲む時に カロリーの高い おつまみを 何気にポリポリ食べてしまうと、あっというまに エネルギ ー過剰摂取という事になります。

ラーメンで〆るのは もっと過剰摂取となります。

毎晩の仕事帰りの居酒屋が日課なんですが… 次回の健康診断までに 中性脂肪は減りますか…